トラフィックエクスチェンジ(3)


今、ランキング何位でしょう?



手動サーフのところでも、「次へ」「NEXT」の文字を工夫しないと
自動クリックソフトの餌食になります。
ここでは広告効果は得られないと思ってください。

じゃあ自動サーフなんてもっと意味ねえじゃんと思われた方、少し違います。
自動サーフは自分の時間が取られません。
つけっぱでいいんです。
手動サーフは自分でクリックしないと先に進まないわけですから、
時間を大幅に持っていかれます。

不正クリックの方法をここに書いたりは絶対にしません。
したい人は無料で手に入るのでどこででも探してみてください。

逆に、不正を一回やってみると、
うまくいくサイトといかないサイトがあることがわかります。
わかったら、不正がうまくいかないサイトを中心にサーフしてください。
高い効果が得られます。

自動クリック対策機能の有無のほか、
・登録者数
・ポイント消化の速度
を見て選んでください。
いきなりはわかんないでしょうから、最初は全部登録。
使いながら変えていきましょう。
トライアンドエラーですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。